08年第1戦
オーストラリア
トップページ
  F1 2008年結果  第1戦  オーストラリア  メルボルン  F1パワー・フォース本文へジャンプ 
CONTENTS
F1ブログ
ドライバー別成績表
サーキット別結果
アルバートパーク
F1マシン情報
日本人ドライバー列伝
オールタイムランク
年度別結果
1987 1988 1989
1990 1991 1992
1993 1994 1995
1996 1997 1998
1999 2000 2001
2002 2003 2004
2005 2006 2007
2008 2009 2010
2011
第1戦終了時ランク
ドライバーズ
1 ハミルトン 10
2 ニック 8
3 ロズベルグ 6
4 アロンソ 5
5 ヘイキ 4
6 中嶋一貴 3
7 ブルデー 2
8 ライコネン 1
9 クビツァ 0
10 グロック 0
11 佐藤琢磨 0
12 ピケ 0
13 マッサ 0
14 クルサード 0
15 トゥルーリ 0
16 スーティル 0
17 ウェバー 0
18 バトン 0
19 デビッドソン 0
20 フェッテル 0
21 フィジケラ 0
22 バリチェロ 0
コンストラクターズ
1 マクラーレン 14
2 ウィリアムズ 9
3 BMW 8
4 ルノー 5
5 トロロッソ 2
6 フェラーリ 1
7 トヨタ 0
8 アグリ 0
9 レッドブル 0
10 Fインディア 0
11 ホンダ 0
決勝結果 予選結果
ドライバー チーム P TP R
1 ルイス・ハミルトン マクラーレン 58 10 10 1
2 ニック・ハイドフェルト BMWザウバー 58 8 8 2
3 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ 58 6 6 3
4 フェルナンド・アロンソ ルノー 58 5 5 4
5 ヘイキ・コバライネン マクラーレン 58 4 4 5
6 中嶋一貴 ウィリアムズ 57 2 2 6
7 セバスチャン・ブルデー(DNF) トロロッソ 55 2 2 7
8 キミ・ライコネン(DNF) フェラーリ 53 1 1 8
R ロベルト・クビツァ BMWザウバー 47 0 0 9
R ティモ・グロック トヨタ 43 0 0 10
R 佐藤琢磨 スーパーアグリ 32 0 0 11
R ネルショーネ・ピケ ルノー 30 0 0 12
R フェリペ・マッサ フェラーリ 29 0 0 13
R デビッド・クルサード レッドブル 25 0 0 14
R ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 19 0 0 15
R エイドリアン・スーティル F・インディア 8 0 0 16
R マーク・ウェバー レッドブル 8 0 0 17
ジェンソン・バトン ホンダ 0 0 0 18
アンソニー・デビッドソン スーパーアグリ 0 0 0 19
セバスチャン・フェッテル トロロッソ 0 0 0 20
ジャンカルロ・フィジケラ F・インディア 0 0 0 21
ルーベンス・バリチェロ ホンダ 58 0 0 22
ファステストラップ ヘイキ・コバライネン (LAP43 1”27.418) 
1 L・ハミルトン 1"26.714
2 R・クビツァ 1"26.889
3 H・コバライネン 1"27.079
4 F・マッサ 1"27.178
5 N・ハイドフェルト 1"27.236
6 J・トゥルーリ 1"28.527
7 N・ロズベルグ 1"28.687
8 D・クルサード 1"29.041
9 T・グロッグ 1"29.593
10 S・フェッテル -
11 R・バリチェロ 1"26.173
12 F・アロンソ 1"26.188
13 J・バトン 1"26.259
14 中嶋一貴 1"26.413
15 M・ウェバー -
16 K・ライコネン -
17 G・フィジケラ 1"27.207
18 S・ブルデー 1"27.446
19 A・スーティル 1"28.859
20 佐藤琢磨 1"28.208
21 N・ピケ 1"28.330
22 A・デビッドソン 1"29.059
T・グロックはギアボックス交換で5グリッド、ウェバーに対する進路妨害で5グリッド合計10グリッドダウン。スーティルはピット・スタート
大荒れのレース。セーフティカーが3回導入される。最初の導入時に大きく順位を上げた佐藤琢磨選手が見事な走りを見せつけひょっとしての可能性をかんじさせるが残念ながらリタイア。フェラーリはマッサはクラッシュしかけ、ライコネンは2度も大きく回りその上燃料系のトラブルでリタイア。アロンソが見事な戦略で4位入賞。ブルデーがインディで鍛えられたセーフティカー感覚により上位を走り続けるもトラブルでとまる(完走扱い)。中嶋選手は初入賞もほめられるレース内容ではなくクビツァをリタイアに追い込んだだけ。あれたための入賞に過ぎない。バリチェロはピットレーンでの違反(赤信号無視)のため失格の可能性がある。
2008年各グランプリ結果へ
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
第7戦 第8戦 第9戦 第10戦 第11戦 第12戦
第13戦 第14戦 第15戦 第16戦 第17戦 第18戦
ホンダに改善の兆しが大きく出るも残念な結果となる。コバライネンとアロンソの終盤のバトルは凄いの一言。レース後バリチェロがピットレーン出口の赤信号無視で失格。中嶋選手はクビツァとのクラッシュの責任を問われ第2戦マレーシアでの10グリッドダウンのペナルティを受けた。
        
土曜フリー走行結果 金曜フリー走行2 金曜フリー走行1
1 R・クビツァ(BS) 1"25.613
2 N・ハイドフェルト(BS) 1"25.950
3 F・アロンソ(R) 1"26.082
4 N・ロズベルグ(W) 1"26.171
5 D・クルサード(RE) 1"26385
6 M・ウェバー(RB) 1"26.407
7 J・バトン(H) 1"26.502
8 S・フェッテル(STR) 1"26.663
9 G・フィジケラ(FI) 1"266825
10 J・トゥルーリ(T) 1"26.882
11 F・マッサ(F) 1"27.020
12 L・ハミルトン(M) 1"27.084
13 T・グロック(T) 1"27.162
14 K・ライコネン(F) 1"27.163
15 N・ピケ(R) 1"27.284
16 R・バリチェロ(H) 1"27.333
17 A・スーティル(FI) 1"27.489
18 S・ブルデー(STR) 1"27.578
19 中嶋一貴(W) 1"27.601
20 H・コバライネン(M) 1"27.992
21 佐藤琢磨(SA) 1"28.363
22 A・デビッドソン(SA) 1"28.912
1 L・ハミルトン(M) 1"26.559
2 M・ウェバー(RB) 1"27.473
3 F・マッサ(F) 1"27.640
4 H・コバライネン(M) 1"27.683
5 D・クルサード(RE) 1"28.037
6 K・ライコネン(F) 1"28.208
7 J・トゥルーリ(T) 1"28.292
8 N・ロズベルグ(W) 1"28.352
9 G・フィジケラ(FI) 1"28.469
10 T・グロック(T) 1"28.582
11 J・バトン(H) 1"28.632
12 N・ハイドフェルト(BS) 1"28.731
13 F・アロンソ(R) 1"28.779
14 R・バリチェロ(H) 1"28.849
15 R・クビツァ(BS) 1"28.860
16 中嶋一貴(W) 1"29.077
17 A・スーティル(FI) 1"29.161
18 S・フェッテル(STR) 1"29.193
19 N・ピケ(R) 1"29.518
20 S・ブルデー(STR) 1"29.605
21 佐藤琢磨(SA) 1"30.663
22 A・デビッドソン(SA) 1"31.527
1 K・ライコネン(F) 1"26.481
2 L・ハミルトン(M) 1"26.948
3 F・マッサ(F) 1"26..958
4 H・コバライネン(M) 1"27.114
5 M・ウェバー(RB) 1"28.263
6 F・アロンソ(R) 1"28.360
7 R・クビツァ(BS) 1"28.579
8 T・グロック(T) 1"28.913
9 S・フェッテル(STR) 1"28.957
10 J・トゥルーリ(T) 1"29.014
11 J・バトン(H) 1"29.124
12 G・フィジケラ(FI) 1"29.230
13 D・クルサード(RE) 1"29.301
14 S・ブルデー(STR) 1"29.363
15 R・バリチェロ(H) 1"29.533
16 N・ハイドフェルト(BS) 1"29.581
17 A・スーティル(FI) 1"30.155
18 N・ピケ(R) 1"31.357
19 佐藤琢磨(SA) 1"31.048
20 A・デビッドソン(SA) 1"31.771
21 中嶋一貴(W) 1"35.053
22 N・ロズベルグ(W) -