06年第14戦
トルコ
トップページ
  F1 2006年結果  第14戦 トルコ イスタンブール  F1パワー・フォース本文へジャンプ 
更新履歴
CONTENTS
F1ブログ
ドライバー別成績
サーキット別結果
バーレーン
F1マシン情報
日本人ドライバー列伝
オールタイムランク
年度別結果
1987 1988 1989
1990 1991 1992
1993 1994 1995
1996 1997 1998
1999 2000 2001
2002 2003 2004
2005 2006 2007
2008 2009 2010
2011
第11戦終了時ランク
ドライバーズ
1 アロンソ 108
2 ミハエル 95
3 マッサ 62
4 フィジケラ 52
5 ライコネン 49
6 バトン 36
7 モントーヤ 26
8 バリチェロ 22
9 ハイドフェルト 19
10 ラルフ 18
11 デラロサ 14
12 クルサード 14
13 トゥルーリ 10
14 ヴィルヌーヴ 7
15 ウェバー 6
16 ロズベルグ 4
17 クリエン 2
18 リィウッティ 1
19 スピード 0
20 アルバース 0
21 モンテイロ 0
22 佐藤琢磨 0
コンストラクターズ
1 ルノー 160
2 フェラーリ 158
3 マクラーレン 89
4 ホンダ 58
5 トヨタ 28
6 ザウバー 26
7 レッドブル 16
8 ウィリアムズ 10
9 トロロッソ 1
10 ミッドランド 0
11 アグリ 0
決勝結果 予選結果
ドライバー チーム P TP R
1 フェリッペ・マッサ フェラーリ 58 10 55 3
2 フェルナンド・アロンソ ルノー 58 8 108 1
3 ミハエル・シューマッハー フェラーリ 58 6 95 2
4 ジェンソン・バトン ホンダ 58 5 36 6
5 ペドロ・デラロサ マクラーレン 58 4 14 12
6 ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 58 3 52 4
7 ラルフ・シューマッハー トヨタ 58 2 18 10
8 ルーベンス・バリチェロ ホンダ 58 1 22 8
9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 58 0 10 13
10 マーク・ウェバー ウィリアムズ 57 0 6 15
11 クリスチャン・クリエン レッドブル 57 0 2 17
12
ロベルト・クビサ BMWザウバー 57 0 0 24
13 スコット・スピード トロロッソ 57 0 0 19
14 ニック・ハイドフェルト BMWザウバー 56 0 19 9
15 デビッド・クルサード(DNF) レッドブル 55 0 14 11
R クリスチャン・アルバース ミッドランド 46 0 0 20
佐藤琢磨 スーパーアグリ 41 0 0 22
R ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ 25 0 4 16
山本左近 スーパーアグリ 22 0 0 26
ヴィタントニオ・リィウッティ トロロッソ 12 0 1 18
キミ・ライコネン マクラーレン 1 0 42 5
ティアゴ・モンテイロ ミッドランド 0 0 0 21
ファステストラップ ミハエル・シューマッハー 1”28.005 (LAP56) 
1 F・マッサ 1”26.907
2 M・シューマッハー 1”27.284
3 F・アロンソ 1”27.321
4 G・フィジケラ 1”27.564
5 R・シューマッハー 1”27.569
6 N・ハイドフェルト 1”27.785
7 J・バトン 1”27.790
8 K・ライコネン 1”27.866
9 R・クビサ 1”28.167
10 M・ウェバー 1”29.436
11 C・クリエン 1”27.852
12 P・デラロサ 1”27.897
13 J・トゥルーリ 1”27.973
14 R・バリチェロ 1”28.257
15 N・ロズベルグ 1”28.386
16 C・アルバース 1”28.639
17 D・クルサード 1”29.136
18 S・スピード 1”29.158
19 V・リィウッティ 1”29.250
20 T・モンテイロ 1”29.901.
21 山本左近 1”30.607
22 佐藤琢磨 1”30.850
F・マッサ、参戦61戦目での初PP獲得R・シューマッハー、アルバース、エンジン交換の為10グリッドダウン
スタートでいきなり波乱。フェラーリの2台にアロンソ割り込もうとするが失敗。なんとその後フィジケラと接触。ルノーいきなり危機。ライコネン、クリエンに追突されタイアバースト。その影響でサスペンション、ウィング破損しピットからレース復帰するも曲がらない車のためコースアウトしリタイア。琢磨選手は直ぐにピット入るがその後レース復帰するもラップ差がありすぎデータ取るための復帰となる。。リィウッティがブラインド・コーナーでスピンし動かなくなりセーフティーカー導入。ピットでアロンソが2台同時ピットにはいったフェラーリのうちミハエル・シューマッハーを抜く。その後、フェラーリの2台がファステストを連発しレース進行するもあまりにも最初のピットで燃料を積みすぎたミハエルのタイムが当初伸びなかったためアロンソとの差がつきピット戦略ととてつもなく速いラップで迫るが。2度目のピットでも追いつかないがその後コース上でミハエルとアロンソのテール・トゥ・ノーズのバトルが始まる。何度かミハエルがアロンソに迫るもアロンソが押えきりアロンソ2位、ミハエル3位。フェリッペ・マッサが参戦61戦目で結果的にポール・トゥ・フィニッシュ。
        
土曜フリー走行結果 金曜フリー走行2 金曜フリー走行1
1 M・シューマッハー(F) 1”27.203
2 F・アロンソ(R) 1”27.924
3 G・フィジケラ 1"27.963
4 R・クビサ 1"27.964
5 N・ハイドフェルト 1"28.151
6 J・バトン 1"28.190
7 F・マッサ 1"28.266
8 R・バリチェロ 1"28.359
9 K・ライコネン 1"28.368
10 C・クリエン 1"28.830
11 J・トゥルーリ 1"28.861
12 S・スピード 1"28.861
13 P・デラロサ 1"29.034
14 M,・ウェバー 1"29.069
15 N・ロズベルグ 1"29.176
16 D・クルサード 1"29.357
17 R・シューマッハー 1"29.374
18 V・リィウッティ 1"29.426
19 C・アルバース 1"29.668
20 山本左近 1"29.881
21 T・モンテイロ 1"29.915
22 佐藤琢磨 1"30.151
1 S・フェッテル(S) 1"28.091
2 F・マッサ(F) 1"28.164
3 J・バトン(H) 1"28.506
4 A ・デビッドソン(H) 1"28.598
5 R・シューマッハー(T) 1"28.614
6 M・シューマッハー(F) 1"28.819
7 R・ドールンボス(RB) 1"28.848
8 K・ライコネン(M) 1"29.042
9 P・デラロサ(M) 1"29.112
10 R・バリチェロ(H) 1"29.214
11 G・モンディーニ(MF1) 1"29.719
12 F・アロンソ(R) 1"29.741
13 N・ジャニ(TR) 1"29.858
14 S・スピード(TR) 1"29.890
15 J・トゥルーリ(T) 1"30.006
16 F・モンタニー(SA)) 1"30.491
17 R・クビサ(S) 1"30.502
18 G・フィジケラ(R) 1"30.504
19 A・ヴルツ(W) 1"30.509
20 V・リィウッティ(TR) 1"30.551
21 M・ウェバー(W) 1"30.775
22 C・クリエン(S) 1"30.889
23 N・ロズベルグ(W) 1"31.015
24 佐藤琢磨(SA) 1"31.316
25 山本左近(SA) 1"31.316
26 T・モンテイロ(MF1) 1"31.519
27 N・ハイドフェルト(S) 1"31.526
28 D・クルサード(RB) 1"31.540
29 C・アルバース(MF1) 1"32.102
1 K ・ライコネン(M) 1"28.315
2 M・シューマッハー(F) 1"28.777
3 J・バトン(H) 1"28.785
4 A・ヴルツ(W) 1"28.959
5 A・デビッドソン(H) 1"29.193
6 P・デラロサ(M) 1"29.376
7 N・ハイドフェルト(S) 1"29.780
8 S・フェッテル(S) 1"29.964
9 R・ドールンボス(RB) 1"30.391
10 N・ジャニ(TR) 1"30.576
11 R・バリチェロ(H) 1"30.838
12 G・モンディーニ(MF1) 1"30.846
13 S・スピード(TR) 1"31.416
14 C・アルバース(MF1) 1"31.475
15 T・モンテイロ(MF1) 1"31.566
16 F・モンタニー(SA) 1"31.814
17 F・マッサ(F) 1"31.904
18 山本左近(SA) 1"32.212
19 V・リィウッティ(TR) 1"32.497
2006年各グランプリ結果へ
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
第7戦 第8戦 第9戦 第10戦 第11戦 第12戦
第13戦 第14戦 第15戦 第16戦 第17戦 第18戦